【SFC修業】陸マイラーなら、ANA SKYコインを活用すべし

スポンサードリンク

SFC修行においてスカイコインを活用する

SFC修業は仕事の出張などがない場合、自分で持ち出しをする必要があるので多額の費用が必要です。

上手くやりくりをしてPP単価=10円で達成したとしても、50万円が必要という計算になりますよね。これがPP単価12円になると60万円と、結構な金額になります。

どれだけSFC(スーパーフライヤーズカード)が魅力的で、SFC修行が1年に限ったものとはいえ、普通のサラリーマンの方であれば、50万円の出費は正直厳しいですよね。

50万あればどれだけ美味しいものが食べられて、贅沢できるのか。

この負担を軽減する方法があるんです。それは「ANA SKY コイン(ANAスカイコイン)」です。陸マイラーならマイルを貯めてますよね、実はANA SKY コインに交換できるんです。交換することでSFC修行のコスト負担を軽減できるんです、

ポイントサイトでポイントを貯めて、それをマイルに交換し、それをさらにスカイコインに交換すれば航空券を実質無料で購入できます。

そもそもスカイコインとは

ANAの航空券や旅行代金の支払いに使える、ANAが発行するマイルとは別のポイント制度。

1コイン=1円として扱われ、10コイン=10円分から使うことが出来ます。

マイルの基本は特典航空券に変えること
マイルの基本の使い方としては航空券に変えるべきです。理由は1マイルが1円ではなく、5円、10円と取る航空券のクラスによってより価値が上がって行くから。

なので、マイルをスカイコインに交換すると最大でも1.7円程度にしかならないので、基本スカイコインに交換するべきではないのでオススメしてないのですが、SFC修行時に限ってのみ、現金を持ち出ししないという意味で有効活用するべきです。

下記画像が、マイルをスカイコインに変えた場合の会員カードランクに応じた表になります。

マイルの数が少ないとスカイコインに変える時の交換比率は1.0~1.4倍ですが、ANAワイドカード所有の場合、5万マイル以上20万マイル以下だと、1.5倍で交換可能です。費用全てをスカイコインで賄うのは難しいですが、10万マイル程度貯めれば、15万スカイコイン(=15万円と同じ価値)に変えられるので、一つそこを目指してマイルを貯めてみるというのもあるでしょうか。

クレジットカードやFXの案件をいくつか申し込むだけで5万マイルくらいは簡単に到達できるので。

注意

ちなみにスカイコインの有効期限は交換月から12ヶ月後の末日になり、マイルとは期限が異なるのでご注意ください。

例えば今日2019年の1月11日にスカイコインに替えるとすると、2020年の一月末まで。

まとめ

・SFC修行において全て現金ではなく、マイルをスカイコインに変えて現金負担を少なくする方法もあり

・マイルをスカイコインに替えてもいいのはSFC修行時のみ

・マイルをスカイコインに変えるときは交換倍率が高い、なるべく5万マイル以上で交換する

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です