【ポイ活】Gpoint(Gポイント)の基礎・活用法

Gポイントについて。アイキャッチ画像

スポンサードリンク

記事を見て頂きまして、ありがとうございます。この記事ではGポイントについてまとめて見ました。LINE経由ソラチカルートが使えなくなってしまったので、利用頻度は少し下がってしまいましたが、優良ポイントサイトであることは間違い無いので、是非参考にして使ってみてください。

まず、そもそもGポイントとは

Gポイントは、ビッグローブと、三井住友カードが出資するジー・プラン株式会社が運営するポイントサイトで様々なパートナーと提携しています。

知らない会社だなと思ってwikipediaで調べたら、2001年に博報堂、住友商事、三井住友カードの合弁事業として作った所から始まってるんですね。

ポイント交換レート1ポイント=1円
最低交換ポイント300ポイント
交換ポイント限度額上限なし
交換手数料5%(交換手数料還元対象サービス利用で実質無料)
ポイント交換先LINEポイント
nimocaポイント
Ponta
EdyギフトID
nanacoギフト
Amazonギフト券
iTunesギフト券
WAONポイント
dポイント
GooglePlayギフトコード
ドットマネーギフトコード
等々
ポイント有効期限最後にGポイントを交換、取得もしくは利用した日より12ヶ月

1ポイント1円とわかりやすいですね。更に上のリストを見てもわかると思いますが、かなり多くのポイント交換先があります。高還元率の案件が出た時に上手く使っていけると、より効率的にポイントを貯めることが出来ると思います。

ポイントの貯め方:外食してポイントを貯める(モニター調査)

Gポイントでポイントを貯める方法の一つが「グルメモニター案件」です。

レストランや居酒屋へ外食に行き、お店の清掃状況や店員の接客態度などをお店にばれずに調査する(ミステリーショッパー)案件です。

月に一回の食事をこのモニター制度にするだけでポイントがたまっちゃいます。但し、案件数はそこまで多くありませんので、グルメモニターはファンくるを利用した方が良さそうです。

【覆面調査でポイントが貯まる、ファンくるとは】

ファンくるまとめ。アイキャッチ画像

モニター調査サイト「ファンくる」の基礎から、貯めたポイントをANA/JALマイルに交換する方法・デメリットについて整理しました

2019年11月22日

外食してポイントを貯める(モニター調査)具体手順

TOPページのメニューに「モニタークーポン」という項目があるので、クリックしてモニター調査のページへ移動します。

すると、下のようなページが表示され、この赤ワクで囲まれた、「Gポイント調査員」の画像もしくは、エリアをクリックすると、さらに詳しく絞り込むことができます。2019年12月現在、関東・関西近郊にサービスが集中しているようです。

あとはモニターをしたいお店を選び、「応募する」ボタンをクリックするとすぐに抽選結果がわかるので、当選したら、お店に行き、覆面調査(ミステリーショッパー)という事が、お店の方に知られないように店内飲食し、料理やサービスについて調査します。

あとは、帰宅後、アンケートとレシートなどの添付資料を提出して、承認されるとGポイントが付与されます。

ショッピングでポイントを貯める

Gポイントも、「楽天市場」「Yahooショッピング」「ロハコ」「ベルメゾン」など、色々なショッピングサイトでお買い物をする前にGポイントを経由するだけでGポイントが貯まります。そこにクレジットカード払いをすれば、クレカのポイントと二重取りができます。更に楽天での買い物であれば更に楽天ポイントがたまるなど、3重取りも可能になります。

クレジットカード発行でポイントを貯める

クレジットカード発行は、多くポイントを貯めるのに重要な案件です。当然ですが、同じカードを何枚も発行することができないので、ポイントが多い時を狙って申し込みをする事が重要です。

獲得ポイントが高いものだと10,000ポイントを超える案件もあります。また、クレジットカードは審査があるので、一つ一つ丁寧に申し込みをしていきましょう。一気に何件も申し込みをすると審査落ちする場合があります。

FX口座開設でポイントを貯める

こちらも高ポイント案件ですが、クレジットカードと比較するとややリスクがある案件です。キャンペーン中の案件などでは1件で15,000ポイントなど、かなり簡単に稼げるものも出てきます。

こちらについては別途記事にして見ます。

アンケートは効率悪し

アンケートは実際にやってみると分かりますが、時間と獲得ポイントのバランスが成り立っていないと感じますが、主婦の方など、時間がある方はポチポチやるのもいいかもしれないですが、積極的にお勧めはしません。

交換手数料還元サービス

普通にGポイントからLINEポイントに交換するときに5%の手数料がかかるのですが、Gポイントのサービスを利用すると5%の手数料が免除になります。また、嬉しいのはポイント申請4ヶ月後末日の利用でも後からポイントが戻ってくるという点ですね。

補足
ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。

つまり2月に交換申請した場合「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得が完了していればOK

下記画像は一部抜粋ですが、楽天や楽天トラベル、ロハコやエクスペディアなど、4ヶ月間の使用がありそうなサイトがあるので、実質交換手数料は無料と言えるかと思います。

Gポイントへ登録をする

登録はこちらよりどうぞ。登録で50円分のポイントをもらえるキャンペーンやってます。

Gポイント

まとめ

・Gポイントはビッグローブと三井住友カードが出資するポイントサイト

・ANAマイル、LINE経由ソラチカルートのハブとなるサイト

・外食モニター案件は少し件数が少なめ、現在(2019年1月)ならファンくるの方が良いか。

・Gポイント経由のネットショッピングでクレジットカード利用の場合、ポイントの3重取りが可能

・ソラチカルートでGポイント経由時は交換手数料還元サービスの利用を忘れない。忘れても4ヶ月以内に利用があればOK

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です