ANA、2018年12月1日より羽田発のチェックイン締め切りを20分前に変更。

スポンサードリンク

ANA、2018年12月1日より羽田発のチェックイン締め切りを20分前に変更。

12月1日よりANA(全日本空輸)は、国内線のチェックイン締め切り時刻について、

羽田空港から出発する便に限り現行の便出発15分前から20分前まで(保安検査場通過)の締め切りに変更されるとのこと。

今まで何とか15分前に滑り込めば!と考えていた方、ご注意ください。

ANAとの共同運航便(コードシェア便)のAIRDO、ソラシドエア、スターフライヤーの羽田発便も同様に20分前締め切りとなるようです。

なお、羽田発以外の路線については現行通り15分前までの締め切りで変更はないようです。

今回、チェックインの締め切り時間が変更になる理由

12月10日にANA国内線が発着する国内線第2ターミナルに、搭乗ゲート(3ゲート)を備えたサテライトがオープンが予定で、

離れたゲートにおいては、現行の保安検査場15分前通過での定時出発が難しいということで20分前に変更となる。とのこと。

羽田空港ANA国内線搭乗ゲートマップ

 

時間に余裕があると思っても、道が渋滞してたり、電車が人身事故で間に合わないんじゃないかと

ドキドキされた経験がある方も多いかと思います。

 

僕自身、人生で2回やらかしてます。。。

大学卒業旅行時の成田発スペイン行き飛行機と、セントレア発の福岡行き。

乗れなかった時の喪失感たるや、すごいので本当ご注意ください。。。。

国内線・国際線、出発何分前に到着すれば良いの?

国内線の場合

理論上はチェックイン(搭乗手続き)を15分(もしくは20分前)に行い、

搭乗口へは手荷物検査を済ませ10分前までにつければいいのですが、

手荷物検査が混んでたり、引っかかったりすると間に合わなくなってしまいますよね。

目安として1時間前に到着してれば余裕を持って準備ができるとおもいます。

国際線の場合

ANA/JAL 共に出発の60分前までには遅くともチェックイン(搭乗手続き)をする必要があるので(一部もう少し遅くても良いところはありますが)、

出発の2時間前には空港に到着しておいたほうがバタバタしなくて良いとおもいます。

まとめ

・羽田発国内線のチェックインが20分前に変更になっているので注意

・国内線に乗る場合は1時間の余裕を持って空港に到着するべき

・国際線に乗る場合は2時間の余裕を持って空港に到着するべき

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です