【マリオット/SPG】シェラトン沖縄サンマリーナリゾート宿泊記・ブログ。子連れでもカップルでも。

スポンサードリンク

こんな方におすすめ

  • 子連れで沖縄旅行に行きたいがホテルを迷っている方。
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの雰囲気を知りたい方
  • 施設の概要について知りたい方

 

こんにちは、TOSHI@リーマンブロガー(@toshi1103blog)です。この記事では、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートに泊まった宿泊記について書いて見ます。沖縄のマリオットに初めて泊まったのですが、このホテルはもちろんカップルでも楽しめますがお子さんがいらっしゃる家族でも十分に楽しめるホテルだなと感じました。

今まで行った伊豆マリオット修善寺、ウェスティン仙台と比較すると、圧倒的に子連れ家族で泊まりたいホテルNO.1でした。(この3つの中ではという意味ですw。)写真と共に色々ご紹介していきますね。

◆【絶対お得】マリオットに泊まる時は、必ずi2iポイント経由での予約を忘れずに!

i2iポイントを活用してお得に泊まる方法.

【マリオットユーザー必見】i2iポイントサイトを活用してお得にマイル・現金を貯める方法。

2019年1月26日

◆持つだけでマリオット関連ホテルの上級会員になれるクレジットカード、SPGアメックスについてはこちら。

spgカードまとめアイキャッチ画像

【SPG AMEX/アメックスカード】このクレジットカードが最強!基礎から特徴、メリット・デメリット及び、入会キャンペーンまで徹底解説。

2018年11月22日

◆ゴールドステータスの更に上、プラチナステータスになるともっとお得なことが!マリオットプラチナチャレンジの基礎についてはこちら

スポンサードサーチ

到着〜国際通りへ

2019年2月23日、東京は晴れてましたが、沖縄に着くとどんよりとした雲。

ANA飛行機@那覇空港

何故か沖縄って勝手に年中ずっと晴れてて、青空!ってイメージでしたが、曇りの日も当然あるんですよね。笑。人生で初めての沖縄は、曇りからのスタートでした。この日はちょうどプロ野球のキャンプとか、辺野古移設選挙の真っ只中の日でした。

そもそも:シェラトン沖縄サンマリーナリゾートとは

wikiで歴史を確認すると、1987年4月1日にJALホテルズとしてオープンし、その後2016年6月1日に大規模リノベーションのあと、スターウッド・ホテル&リゾートのシェラトン(「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」)としてリブランドオープン。

シェラトン・ホテルズ&リゾーツとしては、24年ぶりの沖縄再進出となりました。2016年度には、地上6階建ての新ホテル棟、(南ウィング、客室46室)、チャペル、ウェルネスセンターが完成しています。結婚式もこちらで出来るんですね。

駐車場に併設される緑鮮やかな芝生公園にはプール・パターゴルフ・テニスコートがあるほか、オーシャンリゾートたるサンセットクルーズ・シュノーケルツアー・グラスボートなど様々なマリンアクティビティの用意もあります。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの立地

住所:〒904-0494 沖縄県恩納村字冨着66-1

那覇空港からだと50分くらい、距離にしてgoogle先生曰くおおよそ47km。空港からのリムジンバスやエアポートシャトルもありますが、各ホテルを回って相乗り的な感じです。色々ホテルを回れるのでホテルの勉強にはなります。

家族で行くのであればレンタカーを利用した方が良いかと思います。好きな所に行けるし、道も広いので何よりドライブが気持ちいいですよね。

到着!

シェラトンどこじゃ〜!って感じで走ることおよそ1時間。やっと到着しました。

シェラトン入り口写真。

公式より。空が青いだけでテンション上がりますねw

シェラトンホテル建物全体画像

入り口を振り返るとこんな感じ。

シェラトン入り口の廊下

入ってみると、平面的に広がる開放感。

ホテルロビー

チェックインカウンター。従業員の方も、沖縄らしい爽やかなユニフォームですね。

フロント

スポンサードサーチ

早速チェックイン。アップグレード・・・したのか?

SPGカード保有のため、SPG/マリオットのゴールド会員の私。

毎回気になる部屋のアップグレードのされ具合。もうちょっとでプラチナ会員になる予定なので、ゴールド会員のアップグレード具合をレポートしておきたい所。

クレジットカードを発行するだけで、高級ホテルのゴールドステータスになれるSPGカードについてはこちら。

spgカードまとめアイキャッチ画像

【SPG AMEX/アメックスカード】このクレジットカードが最強!基礎から特徴、メリット・デメリット及び、入会キャンペーンまで徹底解説。

2018年11月22日

元々予約してたのは公式ページから、下記のパーシャルツインルームだったのですが、

当初予定予約部屋見取り図、備品。

案内されたのは、サウスタワーの恐らくマリーナツイン。かと。

当初アップグレード部屋見取り図、備品。

部屋の広さは元々32-36m2だったのが、50m2へと大きくなってるので、恐らくアップグレードしてるはずなんですが、公式でサウスタワーの料金表示がない。。。公式ページからだと、いくら得したのか分かりません笑。

色々調べた所、楽天トラベルで分かりやすい表記がありました。部屋は下記の画像のように大きくメインとサウスで分かれており、メインの方が幅が広いですね。

サウスタワーとメインタワーに分かれた、部屋の整理。

これをみると、元々パーシャルツインだったのが、プレミアムオーシャンツインになってるので、アップグレードは間違いないかと。

楽天トラベルの方が部屋の感じがわかりやすいので、こちらから引っ張りますね。元々予約してたのは下記。

パーシャルツインの部屋のキャプチャ

今回アップグレードになった部屋はこちら。

プレミアムオーシャンツインの部屋画像

楽天トラベルですが、値段をみると、元々のパーシャルツインは一人当たり9,984〜21,650円。

楽天トラベルのパーシャルツインの値段

プレミアムオーシャンツインは、一人当たり37,854〜49,521円。

楽天トラベルのプレミアムオーシャンツインの値段

一番差がない所同士の比較でも、一人当たり、37,854円-21,650円=16,204円。もお得になっていることがわかります。

二人だと3万円超え!公式ページではないので1つの参考値ですが、とても嬉しいですよね。

TOSHI
TOSHI

最初から公式ページでサウスタワーの予約ってできないですよね?この辺り詳しい方教えてくれると嬉しいです!

プレミアムオーシャンツインに向かうまでの廊下。チェックインカウンターから少し距離がありますが、そこまで気になるレベルではありません。

部屋へ向かうホテルの廊下

途中壁面に大きくウミガメが描かれた壁が。

廊下のウミガメの絵画

サウスタワーへ入館。専用のカードキーがないと入れません。

サウスタワーの表記(SOUTH TOWER)

途中には自動販売機も。シークワサーの清涼飲料水や、JAおきなわが出している、タンカンという飲み物もありました。

自動販売機の画像

オリオンビールも一緒に自動販売機に置いてありました。

缶ビールの自動販売機。オリオンビールも。

やっと部屋へ到着

今回用意して頂いたのは1201号室。角部屋のようです。

部屋番号1201 館内案内図

部屋の様子

部屋を開けてみると、お?なんかいい感じ。お風呂が抜けて見えてる。

ドアを開けてまず見える部屋の様子

部屋の中に入って反対向きに撮るとこんな感じ。

部屋全体の写真

違う角度から①。勿論お風呂は扉を閉めることができます。

ベッドとお風呂

色々な角度から②

ベッドとお風呂。別角度から。

色々な角度から③お風呂に入りながらテレビも見えちゃいます。メディアハブに自身の携帯をBluetoothで繋ぐと、バスルームで音楽を聴きながらバスタイムが楽しめます。

お風呂から見えるテレビ

ソファーも座り心地がいい硬さ。

ソファーもベッドの横にあります。

もう1つ座椅子も。

座椅子

プレミアムオーシャンツインという部屋なので、テラスからオーシャンビューを眺めることが出来ます。曇りだったので、もっと晴れてれば最高でした笑。

室内から見たテラスの様子。

ゆったり座ってお酒を飲んだら気持ち良さそうです。

眺望がいい、テラス席の写真

ウェルカムドリンクが5本も用意されてました。オリオンビールも置いてあって、テンション上がりますよね。

ウェルカムドリンク

お手洗い。

お手洗い

コーヒーセットも用意されています。

コーヒーメーカー

お水も用意されてました。

ペットボトルの水

コップ。

二つのコップ

アメニティ。

シャンプーやボディソープなど

勿論冷蔵庫も。頂いたドリンクを冷やしてました。

冷蔵庫の中身

バスタブ。

バスタブ

勿論ガウンもあります。

クローゼット

スポンサードサーチ

朝ごはん会場はSENSES

朝ごはんはSENSES(センス)という会場。夜ご飯もこちらで食べれるようです。

朝ごはん会場センスの看板

朝ごはん会場。公式より。

センスの公式ページキャプチャ

受付入ってすぐの眺め。

センスの受付すぎて見える眺望

毎日15種類以上の焼きたてパン、デニッシュが用意されているよう。ジャムの種類もタンカン(みかん科)や、シークァーサーなど、色々な種類がありました。全部食べきれてないので、次回のお楽しみですね。

焼きたてパン① 焼きたてパン②

シリアルも種類あります。種類ありすぎて全く食べられてません。。。w

シリアル

オムレツや目玉焼き目の前で焼き上げてくれます。

オムレツ・目玉焼きを焼いている様子 焼きたてのオムレツや目玉焼き

沖縄そばとよもぎそばを茹でて食べることも出来ます。沖縄らしいですね。

沖縄そば・よもぎそば

チーズも色々な種類が。

チーズ

サラミや生ハムもありました。ワインが飲みたくなります笑。

サラミやサーモン 生ハム

デザート・フルーツもたくさんあります。

フルーツ①

パイナップル、ブドウやライチ、他にもプリンもありました。

フルーツ②

飲み物もグァバやシークワサージュースなど、沖縄らしい飲み物がたくさんあります。

ジュース類

他にもにんにくソーセージやベーコンなども。サラダバーも勿論完備してます。

野菜

窓側の客席。天気が良ければ外で食べても気持ち良さそうですね。

会場センスからの、外の眺め。

アクティビティ施設

とても大きいウォータースライダーがありました。ウォータースライダー”ザ・トルネード”という名前が付いているようで、全長83mのロングスライダー。地上3階の高さから滑り降りる迫力満点のウォーターアクティビティです。

ウォータースライダー

公式より。天気が違うだけでこんなにも写真が違うのかと。笑。写真のウデもありますが。。。

ウォータースライダー公式画像

このウォータースライダーを利用するにはリゾートパスが必要です。

他にも色々なアクティビティが。

全長約250mの海上を滑走する「メガジップ」というアクティビティも。(宿泊者料金1,200円。後述するゴーフォールとのセットで1,500円。)。

メガジップアクティビティ① メガジップアクティビティ②

他にも、地上13mの高さからダイブする新感覚フリーフォール「ゴーフォール」。(宿泊者料金800円。メガジップとのセットで1,500円。)

ゴーフォール①

熱帯魚や珊瑚礁を見ることができる、ボートシュノーケルツアーも。宿泊者料金は4,000円です。

シュノーケリング

定番メニュー!『バナナボート』。 スピード感とスリルが味わえる、小さなお子様から大人の方までご一緒に楽しめます。定員は8名で宿泊者料金は1,500円です。

バナナボート

他にもサンセットクルージングなどもあります。所要時間は1時間くらいで、宿泊者料金で、大人 3,000円、小人 1,500円です。

サンセットクルージング

いかがでしょうか、ホテルでゆっくり過ごすだけでなく、外に出ても様々なアクティビティが用意されており、家族でもカップルでも、十分に楽しめると思います。

スポンサードサーチ

子供が嬉しい屋内施設

子供連れでも楽しめる施設がありました。子供ってこういう施設好きですよね。

室内子供施設① 室内子供施設②  室内子供施設③

ボールプールもあり、小さい子供が沢山遊んでました。

ボールプール

屋内プールも。

屋内プール

手作り体験コーナーも。

手作り体験コーナー

沖縄に来た記念に親子で手作りで楽しむのもいいですよね。

手作り体験コーナー 作品物

他にもビリヤード台や卓球、ダーツをすることができるスペースもありました。

ビリヤード台 卓球台とダーツ

まとめ

初めて上陸した沖縄。天気に恵まれませんでしたが、それでもやっぱり楽しいです沖縄。人も暖かいですよね。

2月に訪れたので、次はもっと暖かくなってから来て見たいなと思いました。

ホテル自体、とても綺麗だし、ご飯も美味しいし、何よりアクティビティの種類が豊富なことや、子連れで来ても存分に楽しめそうなところが、とても良かったです。家族でゆっくり、のんびり過ごしたいな〜と思いました。

次はマリオット名古屋に泊まったので宿泊記を書きたいと思います。プラチナチャレンジの1日目ですね。

◆持つだけでマリオット関連ホテルの上級会員になれるクレジットカードSPGアメックスについてはこちら。今回部屋がアップグレードしたのはこのカードを発行していたからです。

spgカードまとめアイキャッチ画像

【SPG AMEX/アメックスカード】このクレジットカードが最強!基礎から特徴、メリット・デメリット及び、入会キャンペーンまで徹底解説。

2018年11月22日

◆ゴールドステータスの更に上、プラチナステータスになるともっとお得なことが!マリオットプラチナチャレンジの基礎についてはこちら

プラチナチャレンジの基礎についてのアイキャッチ画像。

【マリオットボンヴォイ】プラチナス会員の特典、プラチナチャレンジの基礎・申し込み方法

2019年1月24日

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です