えきねっとポイントをJREポイントに移行するための事前準備まとめ

えきねっとポイントをJREポイントに交換するアイキャッチ画像

スポンサードリンク

えきねっとポイントはJREポイントに交換して保存し、JREポイントから交換をした方が最も1えきねっとポイントの還元率が良くなることは下記の記事の中で整理いたしました。

えきねっとポイントを何に交換すればお得?アイキャッチ画像。

【JRE POINT】JR東日本の新幹線・特急券で貯まる、えきねっとポイントは景品として何に交換するのが一番お得?

2019年2月9日

ではえきねっとポイントをJREポイントに移管するためにはどうしたら良いのか?

事前準備を簡単にまとめてみました。viewカードが無くても、Suicaだけ持っていればJREポイントに移行することは可能ですので、是非試してください。もしSuicaも持っていなければ近くのJRで500円のデポジットは発生しますが、すぐに作れるので作っておきましょう。

僕自身、ポイントはなるべくマイルに集約させることが一番還元率が高くなると思っているので、viewカードを作る必要があるならば億劫だなと思っていたのですが、Suicaに貯めることができるので、viewカードは作らず元々持っていたSuicaにJRE POINTを貯めています。是非参考にしてみてください。

手順①JRE POINTに新規登録をする

下記公式リンクをクリックしてください。

【公式リンク】https://www.jrepoint.jp

そして、右上の新規登録ボタンをクリック。

JREポイントの登録方法①

メールアドレスとパスワードを入力しメールを送るとリンクが届くので、1時間以内にアクセスをして、本会員登録を済ませておく。ここは簡単なので説明は省きますね。

JRE POINT WEBサイトIDとパスワードは忘れないようにメモしておいてください。第二パスワードとして4桁〜8桁の数字のパスワードも同様にメモしておいてください。

第二パスワードを登録すると、下記の画面に遷移します。

JREポイントの登録方法②

ここで既にビューカードをお持ちの方はビューカードで登録すれば良いですし、JRE POINTカードをお持ちの方も同様ですよね。僕はSuicaしか持っていなかったので、Suicaで登録を選びます。

Suicaで登録を選ぶと下記の画面に。

JREポイントの登録方法③

無記名のSuica、記念Suica、Mizuho Suicaは登録できないので注意。これからSuicaを作りに行く方は名前入りにするのを忘れずに。

僕は普通のSuicaカードなので、Suicaカードをクリック。すると下記画面に遷移します。

JREポイントの登録方法⑤

お持ちのSuicaのID番号、名前、誕生日を入力します。Suicaの番号は下記のような裏面右下に書いてある番号のことです。

Suica裏面画像

あとはここまで来れば入力は簡単なので進めてください。

設定が完了したら、えきねっとにログインし、右上のポイント交換ボタンから進めて行きます。

えきねっとログイン画像

すると、下記画面に遷移。午前1時半〜午前4時の間はポイント交換が出来ないので注意です。

えきねっとログイン後、ポイントを使う画面

あとは貯めたえきねっとポイントをJREポイントに替えるのか、びゅう商品券に替えるのか、を選択するだけです。

唯一迷うとすると、JRE POINTに交換するときに、JRE POINTのポイント交換番号を入力する必要があり、このJRE POINTのポイント交換番号の確認方法だけさっとまとめておきます。

JRE POINTのポイント交換番号の確認方法について

まずはJRE  POINTにアクセスしログインを済ませます。右上の赤ワクで囲まれた会員ページをクリック。

JREポイントの貯め方②

すると下記ページに遷移するので、最下部の登録ポイントサービス 確認・変更をクリック。

登録ポイントサービスの確認・変更ボタン

すると、JRE POINTに紐づけているカードが一覧になるので、その中の自分が登録したSuicaのJRE POINT交換番号を確認し、この10桁がえきねっとから移行するときに必要な交換番号になります。

JRE POINT交換番号

以上が、貯めたえきねっとポイントをお手持ちのSuicaにJRE POINTを紐づけてポイント移行するまでの事前準備になります。是非宝の持ち腐れになりがちな、えきねっとポイントをJRE POINTに移して、景品に替えてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です