【クレジットカード】JALカードSuicaの特徴・メリット・デメリットを徹底紹介。

JALカードSuicaアイキャッチ画像

スポンサードリンク

JALカードとJR東日本のビューカードが一体になったクレジットカードが「JALカードSuica」です。

JALマイルを貯めることが出来るだけでなく、JRが発行するポイントプログラム、JRE POINTの2つのポイントを貯めることが可能となっています。JRを利用する方&JALマイルを貯めている方であれば、是非入会を検討すべきカードの一つです。

現状Suicaを現金でチャージしているよって人もJALカードSuicaがあればお手持ちのSuicaをオートチャージ設定に変更することもできるのでオススメの一枚になっています。

■目次

JALカードSuicaの基本情報

JALとJR東日本の二社が提携して作っているクレジットカードです。

JALカード券面

券面にもちゃんとJALのマークとviewマークがありますよね。

 JALカードSuica
券面
年会費(税抜)入会後1年間無料
2,000円
家族カードは1,000円
入会搭乗ボーナス1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
ご搭乗ごとのボーナスフライトマイルの10%
日々の買い物0.5%(無料)
1.0%(ショッピングプレミアムマイル加入で。3,000円(年/税抜))
その他特典海外旅行保険/
国内旅行傷害保険:最高1,000万円~
3,000万円

JALカードSuicaはモバイルSuicaの年会費1,000円税別が無料です。また、JALカードSuicaの国際ブランドはJCBのみです。

カードとしての特典整理

JALとJR東日本が提携しているカードなので、「JALカードSuica唯一の特典」「JALカードとしての特典」がごちゃごちゃになりやすいです。通常のJALカードを検討している方にも分かりやすく、二つの機能・特典を分けて書いてみましたのでご確認ください。

JALカードSuicaだけの特典

  • Suicaチャージ・オートチャージでJREポイント還元率1.5%
  • 貯まったJREポイントはJALマイルに67%の交換率で交換可能

JALカードとしての特典

  • マイル付与条件は四捨五入が適用
  • 三つのボーナスマイルがある
  • ファミリーマートやエネオスなどのJALカード特約店でマイル2倍
  • 特典航空券交換の際にJALカード割引が適用

まず、JALカードSuicaだけの特典二つを解説します。

JALカードSuicaだけの特典①Suica・Suica定期券のチャージでJREポイント1.5%還元

JALカードSuicaはビューカードとしての機能も備わっているので、Suicaのチャージ・オートチャージでマイルの代わりに1,000円に15ポイント(還元率1.5%)のJREポイントを貯めることができます。

これはお手持ちの別で発行したSuicaにもオートチャージの設定を付与することができます。ビューカードとしての機能で、駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)にてオートチャージの申込み・設定をすることで完了します。

Suica(Suica定期券やMy Suica等)と決済用の今回で言うとJALカードSuicaを持って紐付ければ完了です。

詳細は下記公式リンクからご確認ください。

公式リンク:https://www.jreast.co.jp/card/function/autocharge/use_suica.html

クレジットカードとしては1%マイル還元率とイコール

後述するショッピング・プレミアムに加入済みの方は1,500JRE POINTで1,000マイルになるので、クレジットカードの機能としては1%の還元率とかわりません。二重にポイントが貯まる訳でもないので、今まで現金でチャージしていた方にとって、嬉しい機能かと。

ショッピングマイル・プレミアム加入1,500JRE POINT→1,000マイル
ショッピングマイル・プレミアム加入無し1,500JRE POINT→500マイル

JALカードSuicaに定期券を載せることはできないのですが、現状お持ちのSuica定期券や、Apple PayのSuica定期券をオートチャージ設定に変更して利用することが可能となっているので、Suica定期券のチャージでもマイルを貯めることが出来るのが大きいです。

毎月の通勤・通学にSuica、またはSuica定期券をお使いの方の場合は、チャージをJALカードSuicaで行うだけで、今まで貯まらなかったマイルが貯まるのはとても大きいですよね。現金でチャージしている方は確実にこの設定をしておきましょう!

JALカードSuicaだけの特典②JR東日本の駅ビルでもJREポイントが貯まる

JALカードSuicaにはJRE POINTカードの機能もついているので、JR東日本の駅ビル、例えばパルコやアトレ等、JREポイント加盟店でのカード提示で還元率1.0%のJREポイントを貯めることができます。

これはクレジットカードの決済で貯まるポイントとは別に、カードの提示のみでポイントを貯めることができますので、2重取りでポイントを貯めることが出来るのはとても嬉しいです。

貯まったJREポイントはJALマイルに67%の交換率で可能。

JRE POINT加盟店で何かを購入した場合、ダブルでポイントを獲得することができます。下記の画像のように、ショッピングマイル・プレミアムに加盟していれば、貯まったJREポイントは1,500ポイント=1,000マイル(67%のマイル交換率)に交換可能です。

JREポイントは67%の交換率でマイルになる。

つまり、ショッピングマイル・プレミアムに加盟していれば、JRE POINT加盟店でのマイル還元率は、1.67%になると言うわけです。(マイル還元率1%+獲得JREポイントからのマイル交換率67%)

ショッピングマイル・プレミアムに加入するかどうかの損益分岐点

ショッピングマイル・プレミアムの入会にはカード年会費と別に税別3,000円が必要ですので、年会費がもったいないと思う方もいらっしゃると思います。これは年間どれだけ使うのかを考えることで、元が取れるのかを計算することができます。

シッピングマイル・プレミアムを利用した場合の損益分岐点整理。
  • 1マイル=2円とすると年間30万円
  • 1マイル=3円計算ならば年間20万円が損益分岐点。

1マイルの価値を分析した記事も上げてますので、是非そちらもご参照ください。平均値としてこのブログでは3.5円で語ってる事が多いです。マイルはビジネス・ファーストクラスなどの特典航空券に交換することで5円以上にも価値は変動するので、是非貯めたマイルを航空券に変えてお得に活用してください!

1マイルの価値は?アイキャッチ画像

【ANA/JAL】1マイルの価値は?いくら?

2019年2月4日

JALカードとして特典

続いてJALカードとしての特典をご説明します。これはJALカードSuicaだけでなく、通常のJALカードにも備わっている機能になります。

JALカードとしての特典

  • マイル付与条件は四捨五入が適用
  • 三つのボーナスマイルがある
  • ファミリーマートやエネオスなどのJALカード特約店でマイル2倍
  • 特典航空券交換の際にJALカード割引が適用

JALカードのポイント付与条件がお得

JALカードのポイント付与条件は、四捨五入制度が採用されており、通常200ないと2マイルがたまりませんが、150円、160円、170円・・と200円に満ちていなくても四捨五入で200円になるので2マイルを貯めることができます。

150円以上は切り上げでマイルが獲得できる

逆に140円とか、210円の時には四捨五入で切り捨てられてしまうので、実質トントンになるような気もしますが笑。四捨五入をしてくれる制度になっています。

JALカード特約店の利用で4倍マイルが貯まる

マイルが使える店は全国に52,000店舗

JALカード特約店と呼ばれる、JALと提携しているお店が全国に52,000店以上存在します。エネオスやファミリーマート、イオン、ロイヤルホスト等々、たくさんのJAL提携店が存在します。

これらのお店では、マイル還元率をお得にした、通常の2倍の還元率でマイルを貯めることができます。

  • ショッピングマイル加入:合計2.0%還元
  • ショッピングマイル未加入:合計1.0%還元

と、ショッピングマイル加入済の場合は、通常の4倍の合計2%の還元率でJALマイルを貯めることができるのが魅力ですね。

さらに中々使う機会もないのですが、JAL機内販売はJALカードSuicaの利用で10%オフ&マイル2倍と、更にお得に利用することが可能です。

特典航空券の交換はJALカード割引でお得

JALカードSuicaでは、JALカードの特典として、国内特典航空券をお得な「JALカード割引」で交換することができます。時期によっても必要マイル数は変動するので、あくまで一例ですが、下記のようにJALカード会員なら必要マイル数が少なく特典航空券を使う事ができます。(区間は抜粋してます。)

区間(往路)区間(復路)通常マイルディスカウントマイルJALカード割引
東京大阪 名古屋 秋田 山形 小松2区間:12,000
1区間:6,000
2区間:10,000
1区間:5,000
2区間:9,500
東京札幌 福岡 沖縄 女満別 旭川 釧路
帯広 函館 青森 三沢 南紀白浜
岡山 出雲 広島 山口宇部 徳島
高松 高知 松山 北九州 大分 長崎
熊本 宮崎 鹿児島 奄美大島
2区間:15,000
1区間:7,500
2区間:12,000
1区間:6,000
2区間:11,500
大阪福岡 松本 但馬 隠岐 出雲 松山
大分 熊本 宮崎
2区間:12,000
1区間:6,000
2区間:10,000
1区間:5,000
2区間:9,500
大阪札幌 沖縄 女満別 旭川 函館 青森
秋田 花巻 山形 三沢 仙台 新潟
長崎 鹿児島 種子島 屋久島 奄美大島
2区間:15,000
1区間:7,500
2区間:12,000
1区間:6,000
2区間:11,500
札幌(新千歳)女満別 青森 秋田 花巻2区間:12,000
1区間:6,000
2区間:10,000
1区間:5,000
2区間:9,500
札幌(新千歳)名古屋 福岡 仙台 徳島 広島
出雲 山形* 新潟 松本* 静岡*
2区間:15,000
1区間:7,500
2区間:12,000
1区間:6,000
2区間:11,500

*フジドリームエアラインズ、天草エアライン(AMX)運航とのコードシェア便は特典航空券としてご利用いただけますが、ディスカウントマイル、JALカード割引の対象外です。詳細は公式HPご確認ください。

国際線特典航空券PLUSの導入

PLUSが始まったことによる変化。

国際線での特典航空券はディスカウントが2018年12月に無くなり、国際線特典航空券PLUS利用により、人気の区間は日によって、今までキャンセル待ちになるような区間も、マイルを少し追加で必要になる路線も出てきましたが、確実に特典航空券を抑える事が出来るようになりました。反対に下記のように必要マイル数が減っている区間もあります。PLUS開始後、どう変わるのか。②

JAL国内特典航空券では、お得なマイル数の「ディスカウントマイル」が用意されていますが、JALカード割引ではディスカウントマイル以下のお得なマイル数で交換可能です。

ショッピングマイル・プレミアムでお得にJALマイルを貯めることができるだけではなく、特典航空券の交換の際にもお得なのがJALカードの強みです。

「どこかにマイル」で通常の半分のマイル数での旅行に行くことが出来る。

JAL特典航空券では、通常の半分の6,000マイルで国内のどこかにいける特典航空券を交換できる「どこかにマイル」を利用することができます。

どこかにマイルでは、ランダムに選ばれた国内の4つの候補地から申込後3日以内に行先が決定され、国内特典航空券を交換することが可能です。

通常の半額のお得なマイル数で、旅行ができてしまうので、旅行先に迷ったらこれを使って一人旅というのも面白いですよね。

JALカードでは3つのボーナスマイルが存在する

JALカードでは、3つのボーナスマイルが存在します。入会したあと初めて搭乗時にもらえる「入会搭乗ボーナス」や毎年初回搭乗した時にもらえる「初回搭乗ボーナス」、そして「フライトボーナス」が通常のJALカードだと10%分追加でもらうことができます。(Club-Aやゴールドは25%ボーナス。)

ボーナス条件獲得マイル
入会搭乗ボーナス入会後初めての搭乗時1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス2年目以降、毎年最初の搭乗時にプレゼント1,000マイル
搭乗ごとのボーナスJALグループ便の搭乗区間基本マイルの10%プラス

とここまでJALカードの特徴と、JALカードSuicaの特徴について分けて整理して参りました。ここから先はJALカードSuicaのデメリットを紹介したいと思います。

JALカードSuicaのデメリットは旅行保険

JALカードもJALカードSuicaも保険の内容は同じで、デメリットは旅行保険の補償内容が充分ではない点です。

JALカードSuica(JALカード)の旅行保険では、

国内旅行保険死亡・後遺障害:最高1,000万円
海外旅行保険死亡・後遺障害:最高1,000万円

と、国内外で最高1,000万円の旅行保険が自動付帯します。

ただ、海外旅行の際に重要となる傷害・疾病治療、または携行品損害などの補償は付帯しないので、このJALカードSuicaのみで海外旅行に出かけるのは若干不安です。JAL アメリカン・エキスプレス®・ カードは携行品損害(1旅行につき50万円)や傷害治療費、疾病治療費用、賠償責任が自動付帯になっているので、それと比較をしてもやはり保証内容が脆弱だなという印象です。

海外旅行保険が付帯する補償用のクレジットカードもしくは海外保険を検討しておいたほうが良いかもしれません。

初年度年会費無料で利用可能

JALカードSuicaは初年度年会費無料で利用することができるので、1年間無料でカードの機能を実際に利用して使い勝手を確かめることができます。2年目以降の年会費は税別2,000円で、家族カードは税別1,000円で最大8枚まで発行することができます。

ETCカードは発行手数料無料で、年会費として税別477円が必要です。

JREポイントは現金同様の共通ポイント

Suicaのチャージで貯まるJREポイントは、マイル交換以外にも1ポイント=1円として現金同様に利用することができます。JR東日本の駅ビルでJREポイントを1ポイント=1円としてお買い物に利用することも出来ますし、1ポイント=1円としてSuicaにチャージして利用することもできます。

下記記事(えきねっとポイント→JRE POINT)でも紹介しておりましたが、他にもポイントを交換することができます。

  • Suicaグリーン券の交換
  • 各種商品への交換
  • ショッピングモールサイト「JRE MALL」での利用
えきねっとポイントを何に交換すればお得?アイキャッチ画像。

【JRE POINT】JR東日本の新幹線・特急券で貯まる、えきねっとポイントは景品として何に交換するのが一番お得?

2019年2月9日

上記記事ではSuicaグリーン券が一番還元率が高いと整理していました。しかしこれはえきねっとポイントからのJRE POINTへの移行の話です。

えきねっとポイントではJALマイルに交換は出来ませんでしたが、JALカードSuicaをご利用の方は67%の還元率でJALマイルに交換が可能なので、1マイルの価値を考えると、マイルに交換するのが一番還元率が高くなりそうです。(もちろん自分に合った商品で交換するのがベストですが。)

JALカードSuicaの付帯保険

JALカードSuicaの国際ブランドはJCBですので、JCBのショッピング保険を利用することができます。JALカードSuicaの場合、海外でJCBカードで購入された品物を、JCBカードでの購入日から90日間、年間最高100万円まで補償してくれます。(1事故につき自己負担額1万円)。

会員が購入した物品であっても、次に掲げるものは補償の対象となりません

  • (1)船舶(ヨット・モーターボートおよび、ボートを含みます)航空機、自動車、原動機付自転車、自転車、ハンググライダー、サーフボード、セーリングボードおよびこれらの付属品
  • (2)義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類するもの
  • (3)動物及び植物
  • (4)現金、手形、小切手、その他有価証券、印紙、切手、乗車券等(鉄道・船舶・航空機の乗車船券・航空券・定期券・宿泊券・観光券および旅行券をいいます)旅行者用小切手およびあらゆる種類のチケット
  • (5)稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの
  • (6)自動車電話、携帯電話およびこれらの付属品
  • (7)食料品
  • (8)会員が従事する職業上の商品となるもの

ショッピング保険の利用の際には、免責金額として1事故あたり1万円の自己負担が発生します。

JALカードSuica(JALカード)の付帯サービス

JALカードSuicaには、JALカードの付帯サービスとして、JALグループ便のフライトの際にも便利な4つの付帯サービスが付帯します。

4つの付帯サービス

  • JALパック割引でパッケージツアーがお得
  • JALカードツアープレミアムで区間マイルの100%が貯まる
  • 当日まで予約・変更可能なJALビジネスきっぷ
  • 先得の先行予約が可能

それぞれの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

JALパックでパッケージツアー最大5%オフ

JALパッケージで5%安くなる。

JALカードの基本特典として、JALパックの国内・海外の旅行を参加者全員、最大5%オフで予約することが可能です。

割引が適用されるのは、本カード会員だけでなく、同行者も含めて参加者全員の旅行代金が割引になります。

同行者も含めてというのが嬉しいですよね。

注意
ただし、決済方法はJALカードをはじめ、各種クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・JAL旅行券限定となり、JMB特典のe JALポイント、JALクーポン(JAL利用クーポン)、JMB旅プラスご利用マイルでのお支払いはできないので注意です。

JALカードツアープレミアムで割引運賃でもお得に

JALカードツアープレミアムの画像

JALカードでは、カード年会費にプラスして、年間登録手数料が2,000円(税別)かかってしまうのですが、JALカードツアープレミアムで割引運賃での利用の際も区間基本マイルの100%が付与されます。

というのも通常、エコノミークラスの利用やパッケージツアーでの利用では、マイルの積算率は区間基本マイルよりも少なくなってしまいます。それが100%付与されることになります。

マイル積算率の計算について

具体的に説明すると、下記の図のようになります

どの程度の差になるのか。を表した画像

1マイルが2円だとすると、およそ1,000円相当なので、年間沖縄-羽田往復を二回してしまうと元は取れてしまいます。

海外旅行を控えているタイミングでは確実に申し込んでおきたいです。申し込んだ年から1年間有効で、今年は飛行機に乗らないなって時は外すことも出来ますので。会員資格については下記です。

補足
ツアープレミアムの会員資格は、登録が完了した日(原則として(株)JALカードにて申し込みの受付をした日* )から、登録月の翌年の同月末日までを1年間とします。登録完了日より前のご搭乗分は、ツアープレミアムボーナスマイル積算の対象となりません。また、翌年以降、ご本人から退会のお申し出がない限りは自動更新となります

JALカードツアープレミアムでは、上記のような割引運賃でのフライトの場合でも「ツアープレミアムボーナス」が付与され、合計で100%の区間マイルを貯めることが可能です。

JALビジネスきっぷで出張・旅行も便利に

JALビジネスきっぷについて

JALカードでは、お得な割引料金でJAL国内線航空券を予約することができる「JALビジネスきっぷ」を利用することができます。

特徴としては、下記の4点です。

当日の予約・変更が可能

当日の急な予定変更もスマートに対応可能です。
※航空券の購入後、他運賃への変更は不可とします。

当日の購入もOK

急な出張でもおトクに。空港での購入もOK!

マイルが100%たまる

区間マイルが普通運賃と同じだけたまる!

「往復」でも「片道2回」でも使える

同一区間であれば、往復でも同一方向2回でも利用可能です。

ビジネスきっぷという名称になっていますが、プライベートでも利用することができますので、JALグループ便のフライトの際に是非検討してみてください。

先得の先行予約でお得を取りこぼさない

JMB会員先行予約サービスについて整理

JALカードでは、お得な割引料金で人気の「先得」を一般発売の2日前に先行予約することが可能です。

更にJALグローバルクラブ会員の方はより早く取れるのですが、一般会員やJALマイレージバンク会員の方と比較をするとかなり早く取れちゃいます。人気の路線の先得商品を取りこぼさずに予約することができるのも、JALカードならではのメリットです。

こう見ていると、JALグローバルクラブ会員のステータスが欲しくなってくるかもしれませんね笑。

まとめ

・JALカードSuicaはSuica・Suica定期券をお使いの方/JALマイルを貯めたい方/JALグループ便でのフライトの機会が多い方にオススメ。

・Suicaのチャージ・オートチャージで1.5%のJREポイントを貯めることができます。(二重取りにならないので注意)

・ショッピングマイル・プレミアムに入会することで、買い物でのマイル付与が1.0%にアップするだけではなく、JREポイントからJALマイルへの交換レートもアップ。JR東日本の駅ビル、パルコやアトレなどの利用時にはマイル還元率が1.67%にまでアップ。

ショッピングマイル・プレミアムに加入するかどうかの損益分岐点は年間30万円以上クレジットカードを使用するかどうか。

・JALグループのフライトでもお得にマイルを貯めることができますので、陸と空でお得にマイルを貯めたい方には最適のカードとなっています。

デメリットは旅行保険の物足りなさ。一枚だけでは不安なので他に旅行保険が充実したカードや旅行保険に加入して海外旅行には行くべき。

・JALカードとしての特典もしっかりと受ける事が出来る。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です