【クレジットカード】年会費無料最強のカードはリクルートカード。年会費が無料なのに驚異の還元率。

アイキャッチ画像。年会費無料の最強クレジットカードはリクルートカード
スポンサードリンク

この記事はこんな方におすすめです。

  • 年会費が無料で最強のクレジットカードを探している方
  • マイルを貯める事が目的ではなく、オススメのクレジットカードを知りたい
  • 今使ってるクレジットカードよりもっといいカードは無いか探している。

 

こんにちは、東京で働くTOSHI@リーマンブロガー(@toshi1103blog)です。この記事では年会費が無料なのに還元率が最強のクレジットカード、リクルートカードについてご紹介いたします。

簡単にこのカードの特徴を説明すると、

年会費が無料なのに、どこで使っても1.2%の高還元率を叩き出すクレジットカード界、最強のカードと言えます。

電子マネーへのチャージが出来るカードが限られている中、nanaco(ナナコ)、モバイルSuicaなどの電子マネーのチャージでも月の利用金額の上限はありますが、ポイントが1.2%付与されます。

僕の身の回りでも使っている人が多く、記事にして見ました。勿論僕もホルダーの一人です。

年会費は安く抑えたいけど還元率も高いカード良い。と言う方に一番オススメのカードです。

このカードについてご紹介致します。

スポンサードサーチ

リクルートカードの基本情報

カード名そのままですが、リクルートが発行するクレジットカードです。

クレジットカードブランドはJCB/Master/VISAから選ぶ事ができます。

 リクルートカード
券面
年会費(税込)年会費永年無料
ポイントリクルートポイント
1pt=1円
還元率1.2%
特典リクルートのポイント参画サービスで最大4.2%還元
電子マネーチャージnanaco(ナナコ)、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCAにポイント付与しながらチャージ可能。
(月間30,000円まで)
旅行保険海外(利用):2,000万円
国内(利用):1,000万円

1.25%の還元率でリクルートポイントが貯まります。

1リクルートポイント=1円で利用する事ができます。

年会費が永年無料なのに還元率が1.2%の最強カード

年会費が無料のカードの中で、携帯代、公共料金、定期代やコンビニまで、どこで使っても還元率が1.2%は、リクルートカードが最強と呼ばざるを得ません。

同じような還元率のカードで言うと、Reader’s Cardが年会費30万以上の利用で年会費が無料で1.25%と言う還元率を誇りますが、比較してもリクルートカードの方が使い勝手含めて優秀です。

後述する電子マネーチャージでポイントが付く幅の広さと、貯めたポイントをPontaポイントに交換してローソンやケンタッキーフライドチキンなどPonta提携店で使える点、またじゃらん等のリクルート系サービスでの貯まるポイント率の高さが理由です。一つ一つ丁寧にご説明致します。

スポンサードサーチ

リクルートカードの特典①電子マネーチャージでポイントが付く幅広さ

電子マネーにチャージ出来るクレジットカードは限られているのですが、このリクルートカードはクレジットカードブランドによって、チャージ出来る電子マネーが異なります。

チャージ出来るブランド別電子マネー
【JCBブランド】
nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

楽天Edy、SMART ICOCAにチャージしたい方はマスターかVISAをお選びください。

注意

電子マネーチャージご利用分については、利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。

合算で30,001円以上の利用分はポイント加算の対象外となります。
なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

リクルートカードの特典②リクルートポイント参画サービスの利用で更に還元率UP

リクルートが出しているカードなので、リクルートのサービスでは1.2%の還元率に上乗せして、リクルートポイントが貯まります。下記がリクルートのサービス抜粋です。

リクルートポイント参画サービス抜粋

じゃらんnetで予約し、リクルートカード決済で3.2%還元

リクルートカード決済で1.2%。じゃらん利用による追加ポイントで2%、合計3.2%ポイントが還元されます。

更に貯まったポイントはじゃらんの予約時に使用可能なので、ポイントが貯まれば実質無料で旅行に行けたりします。

中でも10%還元プランというのも行われており、最大11.2%も還元されちゃうこともあります。

ポンパレモールでリクルートカード決済で4.2%以上還元

ポンパレモールでは食品や日用品など、全品3%以上の還元になります。高い還元率で20%以上にもなります。

リクルートカードをお持ちの方は、仮にAmazonなどで買い物をされていたら、一度生活を見直して見ることをオススメします。

ホットペッパーグルメでネット予約&来店で予約人数×50ポイント獲得可能

ホットペッパービューティや、ホットペッパーからの飲食店の予約で、予約人数×50ポイントが貯まります。

もちろん1.2%の還元率が担保された上で、ポイントの上乗せなので、美容院などご利用されている方は是非ネット予約からお申し込みして見てください。

スポンサードサーチ

リクルートカードの特典③貯めたリクルートポイントをPontaポイントに交換可能

リクルートポイントをPontaポイントに交換。

貯まったリクルートポイントはPontaポイントに交換する事が出来ます。交換率は100%の等価交換です。

Pontaポイントに変えてしまえば、ローソンやピザハット、ケンタッキーフライドチキン、昭和シェルなどで利用する事が出来ます。

但し、リクルートIDとPonta会員IDの双方を持っている事が条件になります。

リクルートカードの旅行保険

無料のクレジットカードなのに、旅行保険が付随します。

国内旅行傷害保険最高1,000万円
海外旅行傷害保険保険最高2,000万円

ショッピング保険

また、ショッピング保険もついており、国内はもちろん海外でカードで購入した品物の破損・盗難などの損害を購入日より90日間保障する、カード付帯保険もついています。

スポンサードサーチ

今なら6,000円分キャンペーン実施中

今なら、リクルートカードのご入会で、リクルート期間限定ポイント1,000円分をプレゼント中です。

更に、カード発行日の翌日から60日以内にリクルートカードを初めてご利用された方に、リクルート期間限定ポイント2,000円分のプレゼントがあります。

更に更に、対象カード発行日の翌日から60日以内に、対象会社の携帯電話料金をリクルートカードの自動振替でお支払いされた方に、リクルート期間限定ポイント3,000円分のプレゼントがあります。

合計すると6000円バックになります。キャンペーン期間に入った方が絶対お得ですよね。

しかも年会費は無料なので作らない手はないと思います。是非この機会にして見てください。

詳しくは下記の公式ページより

まとめ

・リクルートカードは年会費永年無料で、1.2%の最強のクレジットカード

・モバイルSuicaやEdyなど、幅広い電子マネーに上限はあるがチャージ可能

・リクルート系サービスの利用では最大ポイント還元率が10%以上に

Pontaポイントと連携しているため、街中でもケンタッキーやローソンなどでポイント利用可能

やはりなんと言っても年会費が無料なのに還元率が高く、身近なリクルートサービスで更にポイントが貯まり、Pontaと連携しているが故の、使い勝手の大きさがなんと言ってもクレジットカード最強の名を欲しいままにしていると思いました。

リクルートカード

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です