【サラリーマンの戒め】自分で自分の身は守れ、会社に期待するな

自分の身は自分で守れ。アイキャッチ。

スポンサードリンク

記事を見て頂きまして、ありがとうございます。

この記事では、サラリーマンとして働く自分への戒め含め、どういうマインドで行動するべきかについて、書いた記事になってます。

こんな方におすすめ

  • サラリーマンとして働いている方
  • 特に大企業で働いているサラリーマン

大企業は一生安泰じゃない

トヨタ自動車の豊田社長も、「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と発言してたり、東芝やNECが早期退職を募るなど、大企業がそういう状況になってくると、日本として難しい局面を迎えつつあるのかなと思います。今はオリンピック前で景気は上がってますが。

ざっとここ近年発表されている大企業のリストラ案件です。

  • 東芝:1,400人人員削減
  • 富士通:5,000人を配置転換
  • NEC:3,000人の人員削減
  • 日本ハム:200人の早期退職者募集
  • コカコーラ:700人の人員削減

ここに書いてないだけで、相当数のリストラが行われようとしています。しかも45歳以上が対象という案件が多いですね。

年功序列型の給与体系の中で、所謂、”働かない割に高給なおじさんはいらない”という事なんですね。

今、あなたが働いている会社は、あなたを一生雇用してくれたり、あなたが生きてる間、会社がずっと継続するという保証はないですよね。万が一、会社を辞めてもいい、もしくは会社が潰れても生きているような準備を進めておくべきと思ってます。

勿論出世ルートに乗って、出世間違いないと思っても、急にアクシデントでルートを外れるという人も当然います。そんな時に準備しておいて良かった。って思えるようにってことですね。勿論そんなことは自分の身に起こるなんて考えたくないと思いますけど。

サラリーマンたるもの、二足の草鞋を履くべき

僕のサイトのドメインは「must-wear-two-hats.com」というドメインで、直訳すると、二足の草鞋を穿け!というメッセージを込めて取得しました。

サラリーマンとしての給料をもらいながら、副収入がある。それって理想の状態じゃないでしょうか。

安定をサラリーマンで担保しながら、副収入をもらい、その副収入の額を大きくするべく動く。いきなりyoutuberで独立するとか、ブロガーで独立するのは20代ならまだいいと思いますが、リスクもあると思うので、まずは二足の草鞋を穿くべきかなと思ってます。

二足の草鞋の履き方は色々ありますよね。youtuber、ブログ、せどり、ツイッター、メルカリ、会社買収etc….

これからの時代、サラリーマンは全員、二足の草鞋を履いて行くべきだと考えてます。

手取り早い副収入を作るには、ブログがオススメ

二足の草鞋を穿くにあたって、ブログがオススメな理由をこうツイートしてました。

ブログは、何より自分のペースで記事を蓄積する事が出来るのがいいです。公開した後で、やっぱりこういう表現にしよう。とか、書き足しすることも当然自由です。そして、過去に書いた記事から、自動的にお金が発生するなんて夢のようですよね。ただ渾身の力で書き続けるだけで、会社以外からの収入を作ることが出来ます。

さらに、書き続けるためにインプットを継続的にしていかなくてはならないこと、それをアウトプットすることで、自分の頭の整理にもなるし、視野や知識もどんどん深まっていきます。

ひいては本業のサラリーマン業にも生きてくる部分は確実にありますよね。是非サラリーマンとして働きながら、ブログを執筆することをオススメします。文章を書く訓練にもなりますし。

ブログの立ち上げ方についてまとめた記事はこちら。

アイキャッチ画像。ワードプレスでブログを開設している様子。

【初心者向け】ワードプレスでブログを開設するために5つのやること。サーバー・ドメイン等

2019年11月14日

まとめ

結論、会社員として働いていくのは勿論賛成なのですが、そこだけに頼らず、本業以外からも収入もらえるような、自分への投資(ブログ等)をしていくべきという話でした。

別にブログでなくても、youtubeでもいいし、何かしら副業を始めるでもいいと思います。

いつでも会社を辞めれるって言う状態を作る事が、結果的に会社の中での振る舞いも強くなると思います。結果思い切った判断ができるようになるので、出世するかもしれませんね。

それだけ後ろ盾がある状態っていうのは自分自身を強くするものだったりします。

僕もブログを頑張って、300記事更新まで走り抜けていきたいと思います。(現在ブログ連続更新記録6日目!)

それでは!

とし

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です