【SiX Hill I Mateレビュー】IQOS(アイコス)互換機のおすすめ【加熱式タバコ】

Six Hill I Mateのレビュー記事。アイキャッチ

スポンサードリンク

こんにちは、実はタバコを吸っている僕です。

紙も吸っていますが、最近は加熱式タバコが主流になりつつありますよね。

IQOS(アイコス)がシェアを占めている加熱式タバコ業界ですが、その互換機としていくつか出てきています。20本連続吸える1500mAhアイコス互換機、「Six Hill I Mate」を今日は紹介します。

オススメ度合い: 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

 

Six Hill I Mate画像

Six Hill I Mateは、先進的でスタイリッシュなデザインに20本連続使用可能かつ、パワーも備えしっかり加熱してくれたり、クリーニング機能など優れた機能性を備え、中々の仕上がりになっているかと思います。

そうなんだよ
ポイ活とマリオットを愛する男

連続で20本吸えるし、外見もスタイリッシュで高級感もある。しかも軽量なので持ち運びやすいですよ!

 

本記事は「【SiX Hill I Mateレビュー】IQOS(アイコス)互換機としての性能やいかに?【加熱式タバコ】」について書いて行きます。

SiX Hill I Mateの外観とサイズについて

Six Hill I Mate」は20本連続吸うことが可能な、IQOS互換機となっております。

Six hill I Mate(IQOS代替機)商品画像箱入り

箱を開けるとこんな感じ。僕は黒を購入しました。

Six hill I Mate(IQOS代替機)商品箱から取り出した

全部取り出してみました。

Six hill I Mate(IQOS代替機) 商品を箱から取り出した画像

同包品・説明書

・クリーニング用のキット

・充電用のケーブル(マイクロUSB)

 

商品単体の画像。光沢があって、スタイリッシュでカッコイイです。そして小型。中の加熱針はセラミックで出来ていて、落下衝撃にも破損を防いてくれるそう。

Six hill I Mate(IQOS代替機)本体画像 Six hill I Mate(IQOS代替機)画像

充電はマイクロUSBタイプです。

Six hill I Mate(IQOS代替機)充電部分の接写

IQOSなどのタバコを差し込む部分。フタがついてるのでゴミなどが入らないようケアされてるのもポイントですね。

Six hill I Mate(IQOS代替機)タバコ挿入口

パワーを保ちながら20本連続で吸えるますが、結構小型サイズ(約10.5cm×3.0cm×3.0cm)です。手のひらにすっぽり収まるくらいのサイズですね。勿論ポケットにも入ります。

Six Hill I Mateの大きさ検証画像

Six Hill I Mate」は重量75.0gとなっております。IQOS 2.4 PLUSがチャージャーとホルダー合わせて120g、IQOS 3がチャージャーとホルダー合わせて125g、IQOS 3 MULTIが重量50g

IQOS 3 MULTIよりはやや重いが、気になる程ではない。

SiX Hill I Mateは連続20本吸うことが出来る

six hill 使用イメージ

Six Hill I Mate」は連続で20本吸うことができます。IQOSの中で唯一連続吸いが可能なIQOS 3 MULTIは連続で10本までしか吸うことが出来ないので、連続本数ではこちらに軍配ありですね。吸い心地は全くIQOSと遜色なく、十分に満足してます。ちなみに毎本が3分20秒吸うことが出来ます。

また、バイブレーター機能を搭載されているので、製品の指示ランプを見ていなくても吸引開始と吸引終了が分かるようになりました。

充電時間

Six Hill I Mate 充電中

充電が0からフルになるまでにかかる時間は1時間50分位でした。不満があるわけではありませが、もっと速くなるとより嬉しいですよね。

SiX Hill I Mateは手入れもしやすいし、自動クリーニング機能付き

Six Hill I Mate 取り外したとこ Six Hill I Mate 取り外したとこ

このように取り外しが出来、手動でのクリーニングが専用のブラシを使って可能です。ちなみに取り外し可能なフタは中にマグネットが入っており、本体を逆さにしても落ちないのでご安心ください。

自動クリーニング機能もついてるとのことだが・・・?

Six Hill I Mate 青点滅

青のあかりが点滅している間に加熱ボタンを5回押すと、中の針(ヒーティングニードル)が高温に加熱され、クリーニングが始まります。およそ30秒です。

→説明書にはこう書いていますが、どのあたりがクリーニングの機能になっているか分かりません。この通りにやると、確かに高温になり煙?が出てきましたが、効果自体が不明。カスが取れるかというと結局ブラシでやらないと綺麗にはならないので、これは他のアイコス(IQOS)と同様に、手動でクリーニングをしたほうが良いかと思います。ただ、この機能がなくても基本不自由しません。

SIX Hill I Mateのお値段は?

気になるのはお値段ですよね、IQOSと比較してみました。全てAmazonでの比較になってます。(Six Hill I MateがAmazonでしか売っていないため)

金額比較・Six Hill I Mate:5,380円

・IQOS 3 MULTI(アイコス3 マルチ):7,038円

・IQOS 2.4 PLUS : 5,678円

・IQOS 3 :9,300円

横並びで見るとSix Hill I Mateが一番安い結果に。これは嬉しいですね。

SIX Hill I Mateレビューまとめ

本記事は【SiX Hill I Mateレビュー】IQOS(アイコス)互換機について書きました。

Six Hill I Mate」は連続で20本吸えること、さらにその吸い心地も良い、デザインがスタイリッシュでかなり良いこと、値段もIQOSと比べるとかなりお買い得ということで、IQOS の互換機として相当評価が高くなったかと思います。

4.5と冒頭で点数を付けましたが、減点ポイントは①自動クリーニング機能のよく分からない所、②もう少し金額が安くなって欲しい所(欲を言うとですが)、③充電時間のこの三つで及第点にしましたが、僕自身の普段使いはこちら「Six Hill I Mate」になってます。

それでは、また〜!

SiX Hill I Mateのその他(今回紹介している製品)

・製品モデル F5022

・定格容量:1500ミリアンペア

・電池の種類:リチウムイオン電池

・定格入力:5V/1A

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です