【体験談】転職で失敗する人の特徴

job change アイキャッチ。

スポンサードリンク

こんにちは、とし@社畜脱出するマン(@toshi1103blog)です。

この記事では僕自身が転職して気づいた転職で失敗する人の特徴について整理してみました。

こんな方におすすめ

  • 転職を検討している方
  • 転職市場について知りたい方

 

転職で失敗する人

転職の失敗とは

転職で失敗する人の特徴として、こんなツイートをしてました。

順番に解説していきますね。

・自分の意見を(理路整然と)話せない人

これは転職した先で一番求められるスキルかもしれません。あなたのことを何一つ知らないよって人の中に飛び込むんです。何を考えているか、思っているか、それが伝えられないと、ただの謎の人で終わってしまいますよね。

カッコ書きで、理路整然とって書いたのは、それができると当然よりベターです。まぁそもそも話せないと転職試験で受からないと思いますのでこれは必要ないかもですが。

・1日の仕事の大半を調整に終始している人/自分の価値は?と聞かれた時に、社内ネットワークとしか答えられない人。

ここに当てはまった人は、おそらく大企業にお勤めの方が多いんではないでしょうか。いわゆる分業制を敷いている、大企業病ってやつにかかってます。

自分一人だけの意見ではどうしようもなく、他部署と連携し、上司の顔色を伺いながら仕事を進める。結果、自分に残っているのは調整するスキルと、社内のネットワークのみ。

勿論、その企業で生きていく分には否定はしませんが、この状態だけだと転職する時にあなたの強みは?と聞かれて果たして答えられるのでしょうか。

・自分が成功させたと言う仕事がない人

これも結構致命的ですよね、まだ年次が若ければそれはしょうがないですが、社会人経験を5年以上積んでいる方としては、何かしら自分の言葉で話せる成功体験がないとしんどいと思います。

あなたの価値は?と言う答えとイコールな質問ですね。自分で成功させた仕事を一つでも作れるようにしておきたいです。

会社員×副業という生き方

そんな時にあなたが考えるべきは、会社員×副業と言う考え方です。

政府が100年時代と言っている中、あなたが勤めている企業はあなたを100年勤めさせてくれますか?

不確実なこの時代を生きるには二足の草鞋を穿くべきです。副業禁止と言われても、副業がバレるくらい大きくなったらそれは会社も認めざるを得ないし、ダメならその副業で起業すればいい。

Youtuber,ブロガー、転売etc…色々できることはあります、是非自分の資産を作るべく動いてみてください。

とし

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です